債権回収の方法・流れ

債権回収のためには、まず債権者と連絡を取ることが必要になります。しかし、普通の方法では、債権者は反応しないかもしれません。そこでまず一つ目に効果がある方法となるのが、債権者に対して依頼した弁護士側から、『内容証明』を送付する、という点です。これは、債権者がどのくらいの負債を持っており、それを期日までに支払わない場合、訴訟を起こす可能性がある、という点なども記載されています。ただの書類ではなく、弁護士から送付される書類ですから、債権者からの反応が返ってきやすくなります。

もしそれでも事態が進展しない場合、実際の裁判の流れに入ります。債権者の門徒には、どの相手から、どのような訴訟が行われており、どのくらいの債務の支払いを求められているか、というような文書が送付されることがあります。これは、本人が受け取りを拒否しても効果は無く、認められることになります。債権者はそれに対して、異議申し立てをする、などの何らかのアクションをしなければならなくなります。

この段階で応じる人は多いですが、それでも応じない場合、最終的には強制執行という手段になります。ただし、全ての場合においてこの流れではなく、期間にも違いが生じます。