まずは相談すること

債権回収にかかわる一連の流れにおいては、そのほとんどにおいて、費用が発生します。弁護士にそれを依頼している場合、相談料や着手金、その他の追加的に発生する費用も掛かることになりますが、弁護士に依頼することによって、債権が回収できるという結果を得られるなら、それは損失どころか大きなプラス、と言えるでしょう。当然、強制執行ともなれば回収できた金額の中から少なからずの割合を弁護士報酬として支払うことになりますが、確実性を考えると弁護士に債権回収の相談をするのはメリットが大きいと言えます。

しかし、そもそも相談する前に、実際にどのくらい費用が発生するのか、という点を知っておきたい、と思われるかもしれません。弁護士によっては、そのような初回の相談料が無料となる場合もありますから、ぜひまずは相談してみて、どのような流れで行われるのか、どのくらいの費用が必要になるか、という点を知ることができるでしょう。

お金に関するトラブルはこじれて長期化することも多い問題です。そこで専門家の知識や技術に頼る、ここではまさに弁護士のことですが、債務が回収できないという場合、費用は確かに掛かりますが回収できる確率が遥かに上昇するというメリットがあります。