債権回収不能…どうする?

『借金』という言葉を聞いて、心当たりがある方はどのくらいおられるでしょうか。私達消費者の立場だと、自分たちが借金を持っているかそうでないか、という立場から物事を考えますが、逆の立場、いわば個人や会社に融資を行っている方の立場の方ですと、取引先の個人や会社が自分のところから融資を行っている、と考えられるかもしれません。どのような立場にあるか、という点において、この質問には異なった答えが返ってくるでしょう。

いわば消費者―借金を負っている立場であれば、当然それを返済する義務があります。個人間であったとしても、お金を借りたら借りた人に返す、というのは当然のことです。これが守られなければ、人間の信用関係など、あっという間に損なわれてしまいます。貸借関係を無造作に増やすべきではないのは、これが原因です。さて、それでは逆の立場にいる方はどのように考えておられるでしょうか。きっと、どうすれば返ってこない『債務を回収できるか』と考えておられるかもしれません。

実際に債務者から債務が返ってこない場合、本来であれば債務者の方から連絡をするべきですがそれも行われない場合…より強い手段に出なければならないことがあります。いえ、出る必要があることもあります。債権回収は場合によって一筋縄ではいきませんが、それについて弁護士に相談することによって、債権が回収できる確率が、上昇するかもしれません。不要なトラブルも避けることができます。